腹筋は体脂肪率が何パーセントで割れてくるものなの?目指せシックスパック!
腹筋を短期間で割りたいあなたへ。腹筋の筋トレだけではなく体脂肪を減らす有酸素運動も重要です。一体どれくらい体脂肪を減らせば腹筋は割れて見えてくるものなのでしょうか。

腹筋が割れる体脂肪率は15%ほどから

毎日のように腹筋の筋トレをやっているにもかかわらず割れないお腹。
結論から言うと、いくら腹筋をしようと割れないものは割れません。それには体脂肪が関係してきます。

下図を見ると、
男性も女性も20%ほどでうっすら、15%程からくっきり腹筋に割れ目が見えてきています。

↑画像クリックで拡大します

体脂肪率はどうやって計測したらいいのでしょうか

ボディマス指数(BMI)で人の肥満度を計算することはできますが、体脂肪率は身長と体重だけでは計算することはできないそうです。

参考)BMI指数の計算式・・・体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))=BMI指数
170cmで57kgの場合、BMIは19.7となり痩せ型と判断することができます。

参考)wikiボディマス指数

BMIは身長と体重のバランスから太っているか、やせているを判断するもの
体型をみる簡単な指標にはなりますが、脂肪が多い人、筋肉質の人でも体重と身長が同じであればあてにならないケースがでてきます。

そこで、手軽に体脂肪率を計算してくれる『体組成計』を利用します。
有名なのは『TANITA』の商品なのではないでしょうか。

体組成計とは体脂肪や筋肉量、骨量など人間の体の組成を計測するための機器で、簡単に内臓脂肪や基礎代謝、また筋肉量や骨量など、体組成の健康管理をチェックすることができます。

20130418_tanita_taisoseikei02

参考)タニタ 体組成計 機能比較一覧表

参考)15%から90日間で6%へしている動画

72ee343fe47af4eb34ce137004ea9033

15%でも整えればかっこいいカラダに見える!

有酸素運動と筋トレをしっかりと継続して行うこと!

体脂肪率が低くても筋肉がついていなければ弱々しい体つきに。
普通の腹筋運動ができる程度の腹筋と脂肪を燃焼する有酸素運動を継続して行うこと。

『軽い筋トレを10分くらいした後に有酸素運動を20分以上すると効果的』

@IgaiYakudatsu: 意外と役に立つネタ 2014-05-12 23:12フォロー
腹筋を割るために必要なのは脂肪を落とすことであって筋肉をつけることではない。体脂肪率さえ下げれば、普通の腹筋運動ができる程度で割れる
@gackohruquia: 千堂リオ@星崎芽唯のおしっこ 2013-11-29 21:55フォロー
腹筋がない体脂肪率10%のDDRerの腹晒しますね
http://t.co/vYpnVbYZwF

@kintorecomon: 筋トレの新常識 2014-04-15 23:12フォロー
腹筋の6パックをくっきりと浮き出たせることだけを考えれば体脂肪率を10%以下にする必要があり腹筋だけやっていてもお腹は割れません。
@kintore_m_bot: 筋トレまとめ 2014-05-12 03:16フォロー
体脂肪率が高く筋肉量が少ない場合の運動は筋力アップになって代謝もアップする軽い筋トレを10分くらいした後に有酸素運動を20分以上すると効果的。簡単な筋トレは腹筋、腕立て伏せ、背筋、スクワット、ダンベル体操など。有酸素運動はウォーキングや踏み台運動や縄跳びやヨガなど。
@ikemen_archive: 筋肉男子 2014-05-12 21:14フォロー
腹筋を割るためには体脂肪率が重要だ。 15%〜20%でうっすらと縦線がはいり、12%〜14%で横線が見えてくる。 10%を切れば憧れの板チョコボディの出来上がりだ。水分補給をしつつ、有酸素運動に取り組もう。
@Trainer_Aiolia: 筋トレアイオリアbot 2014-05-10 23:46フォロー
これは男の場合だが、腹筋を肥大させれば、体脂肪率15%くらいでも腹筋は割れる。12%程度まで絞れば十分だ。アスリートやボディビルダーのように体の管理を徹底する生活を送れるならともかく、体脂肪率を10%以下にすると体調を崩しやすくなる。脂肪を減らせばいいというものではない。

人間の体は約60~65%が水で満たされている(成人の場合)。

体内の水分が1%失われると喉の渇きを覚える(体重が60㎏だと420ml)。
2%失われると喉が強く渇き、めまいや吐き気を覚える(体重が60㎏だと840ml)
3%失われると汗が出なくなってしまう(体重が60㎏だと1260ml)
20%失うと死んでしまう(体重が60㎏だと8.4L)。

また筋トレ中に2%の水分を失うとパフォーマンスが約5%も低下すると言われている

運動をするときには水分補給も大切。
また、闇雲に脂肪を減らせばいいわけではなく「キツイな」と思った時には中断することも大切かもしれません。