人気まとめ記事ランキング

    はちみつ100%のとある飴を食べるようになってから風邪ひかなくなった。

    喉がいたい時に風邪の予防にはちみつをたべるといいそうです。その蜂蜜を100%固形化したキャンディーが安定の人気。2chとTwitterで口コミをまとめてみました。

    子どもの5人に1人が老眼!?遠くが見えても近くが見えない近見視力不良の子が増加中

    近見視力は遠くが見えても近くが見えない老眼のような症状。遠くが見えるから目がいいものだと思い込み、気づきにくい一方、できるはずのことができなくなり学習・運動能力に影響しているそうです。それを改善するビジョントレーニングのやり方動画やオプトメトリストを紹介。

    目の疲れ・眼精疲労を治すには原因を取り除くことと疲れ切った目を休めること

    疲れ目や眼精疲労で目が痛くて開けられなくて、本やパソコンを見るのが辛い人の改善方法。基本的なことだが、時々疲れ目チェックをして目が疲れることは避ける、目を休めること、目薬やサプリメントは使わない。まずは、朝一で疲れ目をチェックしよう。

    炭酸水は体にいいのかわるいのか、5つの疑問に答える

    炭酸水って健康にいいの?悪いの?普段から飲用している人たちの気になる疑問少し解決するかもしれないまとめ。そして、炭酸水の美味しい飲み方「ポッカレモン+炭酸水に勝てるドリンクを俺に教えてくれ 」

    超肩こりがひどいんだが、整体以外にいいのあるか?

    肩のこりの改善に整体、マッサージ行って、肩掛け鞄止めて、漢方飲んで、筋弛緩薬飲んだが治らない。そんな時に試してみたいみんながやっている肩こり解消方法まとめ。筋トレ、虫歯治療、ストレッチ、温めるなど意外に簡単な事で肩こりは治る場合もあるようです。

    カレーを食べれば動脈硬化の予防に!血管内皮機能を改善する効果をハウス食品が確認

    カレーを食べることによって、酸化ストレスによると考えられる食後の血管内皮機能低下が改善することを確認。一方でネットでは、レトルトカレーに多く含まれる塩分や脂質の分量、カロリーの問題はどうなのか疑問が上がっているようです。

    精神疾患の病名変更 「パニック障害」→「パニック症」、「注意欠陥多動性障害(ADHD)→「注意欠如多動症」

    精神疾患の病名呼称変更に伴い日本国内でも病名が変わるケースがある。これまで「学習障害」と呼んでいたものを「学習症」、「言語障害」は「言語症」、 「パニック障害」は「パニック症」「解離性同一性障害」は「解離性同一症」。「性同一性障害」は「性別違和」。 「注意欠陥多動性障害(ADHD)は「注意欠如多動症」等々が挙げられている。

    吃音症だけど質問ある?言葉がつまったりしてうまく言えない病気とうまく付き合う方法は?

    吃音症(きつおんしょう)は原因不明の疾病。発語時に言葉が連続して発せられたり、瞬間あるいは一時的に無音状態が続くなどの言葉が円滑に話せなく、周りの人から理解されにくいようです。今のところ吃音症の原因不明であるため決定的な治療法がなく、どのようにして付き合っていくかが重要のようです。

    寝違えて首が痛いときの治し方!原因は首じゃなく脇の下の神経の圧迫

    寝違えて首や肩をマッサージして治らない人は、寝ている間に圧迫されていた脇の下の神経(腋窩神経)を開放してあげよう!ゴッドハンド輝式寝違えの直し方。自分で出来る範囲でやれば寝るまでには完治するようです。

    中年の「スメルハラスメント」は健康が損なわれているサイン?脱体臭のための10の方法!

    自分では気づきにくい体臭が周りの人からは「嫌がらせ」と捉えられる「スメルハラスメント」。香水等でごまかすのではなく「体臭は健康が損なわれているサイン」として向き合って、できることから対策していくのがいいかもしれません。

    ニキビの改善ができたwww悩んでるやつちょっと来い治した方法語るぞ!

    10年間の試行錯誤の末ニキビを改善した男性の体験談まとめ。中学の頃から長年悩んだにきびを治した方法を個人的な体験と感想に基づき紹介。にきびで悩む人の参考になるかもしれません。

    子どもの約10%がかかとをつけてしゃがめない→「ロコモ症候群の恐れ」

    10人に一人の割合で、骨や筋肉などの「運動器」に疾患のある恐れ。高齢者に多い「ロコモティブシンドローム(運動器症候群)」になるリスクが高くなると専門家も危機感を募らせている。あなたはしゃがみ込み運動ができますか?

    皮膚がん「メラノーマ」の治療薬「オプジーボ」が世界初の承認へ!年内にも流通が始まる見通し

    皮膚がん「メラノーマ」皮膚細胞のうち、メラニン色素を作り出すメラニン細胞ががん化、 転移が非常に速く、最強のガンと恐れられている。国内では年間に400人が発症し、700人が亡くなっている。その治療薬。「オプジーボ」が厚生省で承認、年内にも流通が始まる見通しのようです。

    ニキビのレーザー治療で顔面のニキビ跡・クレーターだいぶ良くなったよ 【画像】

    重度のニキビの悩みをフラクショナルレーザーで治療している人の体験談。治療には痛みもあるが、食生活、漢方、ピーリングなどいろいろ試して10年治らなかったものが美容皮膚科に半年ほどの通院ででこの変化。治療経過の画像も掲載しています。

    こちらからも更新情報をチェック!
    • Feedly
    • RSS feed

    キーワード

    管理人が気になるもの